国道261号線レポート① 広島市中区~島根県境

国道261号線レポート① 広島市中区~島根県境

2024年3月5日

広島市中区国道2号交点・広島市役所前交差点(A地点)起点。
国道54号と重複しながら広島市内を北上し、合併により安佐北区となった旧可部町にて国道54号から分かれて国道191号となります。その後191号と分かれ、261号となる少々複雑な経路を取ります。

その後中国道と並行して北上し、陰陽分水嶺を超えた後に島根県に入り、江の川沿いに標高を下げていき江津市・国道9号渡津交差点(B地点)に至る、中国地方を縦断し山陽・山陰を結ぶ陰陽連絡路の一つとなります。

今回は広島市中区始点~島根県境までのレポートとなります。

起点終点実延長
広島市中区・広島市役所前交差点島根県江津市・渡津交差点91.3 km

広島市中区・広島市役所前交差点から広島市と松江市を結ぶ国道54号が始まります。
重複区間として江津市に至る国道261号、益田市に出る国道191号、米子市に至る183号の始点となっています。全て北上し、日本海・国道9号に至る陰陽連絡道です。

今回は261号のレポートなので、「100m道路」とも呼ばれる平和大通りからスタートします。
このような通称は各地に見られますね。東京都三鷹市近辺の「30m道路」こと都道14号・東八道路など。

法律上の起点である広島市役所前交差点については、また54号等の回にでも。

さて、右折して山陰に向かいましょう。
広島市の国道2号は市街地を避け海沿いを行きますので、広島市街地をガッツリ通過する形となります。路面電車と並行しながら大手町を北上します。

北上すると広島市中心部である紙屋町交差点に至り、相生通りと交差します。

紙屋町交差点・相生通りで国道183号と分かれ、以後は国道54・191・261号の重複区間となります。
国道183号はこの後原爆ドーム前を通過しさらに折れて北上、国道54号旧道を上がっていく形となります。

広島県庁付近。
旧道と分かれた後は祇園新道となります。

広島城にブチ当たりクランクとなります。
路面の赤い標示、三好・可部方面に進みます。

右に折れます。右手奥に見えるのがちょうど今年の先月(2024年2月)に完成・オープンしたJリーグ・サンフレッチェ広島の本拠地となる「エディオンピースウイング広島」です。

クランク後、更に白島に向かい北上していきます。

引用:アストラムライン – 広島高速交通株式会社 公式HP

白島を過ぎると地元では「モノレール」と呼ばれているらしい、新交通システム・アストラムラインの高架下道路となります。

断じてモノレールでは無いと思いますが、一度始点~終点まで乗りましたが快適な良い電車でした。ホームの防護柵が凄すぎて(東京の南北線のような完全に覆われたタイプの防護柵)写真が撮れなかったので引用としました。安全で良いですが、何となく不憫に感じます。電車もカッコいいのにな…。

という訳で54号が折れる巨大な交差点です。
原付用の大規模な直進・左折レーンが整備されており非常に感動しました。

こんな感じです。
小型二輪は実質左折可となります。信号制御で安全に直進もできるようになっています。
広島は本当に道路が奇麗ですね。

折れた後もアストラムラインの高架下となります。
側道も綺麗に整備されています。

中筋1丁目交差点でアストラムラインは左に折れていきます。
折れた後も高架下道路は続き、広島北部の環状線として機能する形となります。
54号はこのまま直進です。

山陽道・広島ICと接続する綺麗な立体交差となります。
この先で旧54号・現183号と合流します。この先の緑井はロードサイド店が立ち並ぶお買い物スポットで、渋滞します。

北上し、安佐北区に入ります。旧可部町ですね。

直進で可部バイパスとなります。
旧道は変わらず183号として指定されています。それにしても立派なマツダディーラーです。

可部バイパスを進むとやっと191号が現れます。
ここで左折します。

広島はこのような歩道橋にくっついた古びたおにぎり看板が多いですね。
目の保養です。可部町内を進んでいきます。

広島北IC付近です。

広島道ですね。
北部の島根・広島県境付近を走る中国道と広島市内・山陽道を結ぶ高速です。

さらに北上すると飯室交差点に至り、「飯室バイパス」の標示が現れます。
国道191号は左に折れます。

ここが実質的な国道261号の始点となります。

国道191号側から。

国道191号はこの後加計街道となります。
心を揺さぶるなかなか良い交差点です。

飯室バイパスを北上していきます。
旧看板に出雲大社分社、良いですね。

豊平分かれ交差点です。

緩い峠を登り、標高を上げていきます。
この辺りの区間は鈴張街道と呼ばれます。

頂上で北広島町に入り、陰陽分水嶺となります。
ここを境に雨水は日本海に流れ、また太平洋に流れます。日本の背骨と言っても過言では無いでしょう。

引用:分水嶺倶楽部

分水嶺は大概県境、支庁境などと一致します。(引用させて頂いた分水嶺倶楽部様、非常に面白いです)
例えば東北の場合、東北をまっすぐ貫く奥羽山脈が分水嶺となり、岩手・秋田県境、宮城福島・山形県境等となります。

有名な宮城・山形県境蔵王ですね。(19歳の頃の写真です。小僧写真編集でごめんなさい)

他にも岩手・秋田県境の八幡平アスピーテライン、福島・山形県境の西吾妻スカイバレー等が典型的な奥羽山脈を超える峠道でしょうか。

どれも最高です。奥羽山脈はスケールが大きく、標高が高い上に高緯度で寒いので、植生的にも低木が多くなりこのような壮大な道となります。

引用:中国地方整備局

中国地方も東北地方と同じ様に、中国山地が背骨となる地形をしています。
県境もほぼ中国山地と一致しています。なお中国山地は概して数百m程度の低山が多く、地形的に急峻な峠などはほとんどありません。

人の往来も盛んだったようで、島根の日本海沿い・浜田市のおばあちゃんに昔は歩いて宮島(厳島神社)参りに行っていたと伺ったことがあります。夜明け前に出て一日歩き続ければ着いたそうです。


石見地方と安芸国・広島の交流が盛んだった証拠の一つですね。
現在でも島根は出雲・松江との東西の繋がりよりも、広島との交流の方が圧倒的に盛んです。

静岡のようなパターンですね。静岡は良く長さで取りただされますが、島根も実は同じく東西の長さが200km近くあり出雲国と石見国で違うため、他県より他県といった印象です。

にしても1日で120kmも昔の人は歩いてたのか…もはや意味が分からない()

引用:中国地方整備局

上記の県境・中国山地・陰陽分水嶺を見比べると一致しない場所がありますね?
そう、北広島町や三次市など広島県北部、そして島根県西部・石見地方です。

この地域は江の川という中国地方で最長の、唯一の中国山地を貫通する先行河川の流域です。
この江の川流域が食い込んでいることから、北広島町や安芸高田町近辺ではこのような非常に穏やかな峠の分水嶺が多く見られ、地形も穏やかな平原が多いです。

ちなみに特に県民性、方言等ではズレている県境と陰陽分水嶺の影響はほぼ感じません。
広島は「~じゃけぇ」なんて言うのが有名ですよね。島根県西部・石見弁は広島の影響を受けつつも「~だけぇ」と何とも穏やかな響きで喋ります。県民性が出ていますよね。
これは県境、中国山地で奇麗にバッキリ変わります。

何か日差しの強さも違う気がします。島根から広島に買い物に出ると本当に眩しいです。
天気の良し悪しではなく、本当に日差しの強さが違います。
恐らく日本海からくる湿った空気が霞んでいるのでしょうね。島根は日本海側にしては良く晴れますし綺麗な青空になりますが、どこか霞んでいます。山陰ですね。

分水嶺を超え、穏やかな山を行きます。

中国道と交差し、北広島町・千代田市街地に入ります。

中心部交差点手前。
ショッピングモールがあり、ボールの「molten」の工場がある等結構栄えています。
工業団地と流通基地の町ですね。完全にインターチェンジで栄えた街という印象です。

市街地を超えるとR433と当たります。
ここから豊平までの道は結構奇麗です。ここから一瞬重複区間となります。

すぐに右に分かれます。この先は稀に見る酷道です。
近々行きます。

北広島町・旧大朝町に入り、陰陽連絡道の一つである浜田道の大朝ICとなります。
ここでR261は右に折れます。

ゆるい坂で標高を上げていきます。
先述の通り中国山地は低山が多く、地形も道路も穏やかです。

県境となる中三坂峠・中三坂トンネルです。
左上に旧道が見えています。ここは春以降MTBで攻略・レポート予定です。お楽しみに。

島根県・邑南町に出ます。
ここからの国道261号は先述した江の川沿いを行く快走路です。
並走する三江線の廃線探検なんかもしましょう。後編を是非お楽しみに。